本文へスキップ

調理師免許を取得できる専門学校と短大。口コミ・評判!

最短で調理師免許を取得する方法


少しでも早く調理師免許を取りたいとお考えの方のために最短での取得方法をお教えします。

調理師免許の2つの取得方法

国家資格である調理師の免許を取得する方法は、大きく分けて2つあります。

調理師試験

1つ目は、2年以上、飲食店などの現場で、調理実務を経験した後、都道府県知事が行う調理試験に合格する事。

(試験を受けるには、中学校卒業以上である必要があります。

また、正社員でなくアルバイト、パートでも、週四日以上かつ1日6時間以上きの勤務であれば認められます)


調理師養成施設

2つ目は、厚生労働大臣が指定した調理師養成施設(調理専門学校)に入学し、1年以上必要な知識及び、技能を習得すること。


最短

よって、この2つのうち、より早く調理師免許を取得する為には2つ目の養成講座施設に入学し、1年以上学ぶこと、になります。

学校を卒業さえすれば、免許を取得できるので、都道府県知事が行う試験を受けに行く必要もありません。

また、卒業するための難易度も、基本的に授業に出席さえしていれば問題ありません。

授業の内容は、約7割が食に関する座学で、和洋中の食に関して学ぶことができたり、調理師の免許以外にも資格を取得することも可能で、就職にも有利になります。


飲食店で勤務経験がある場合

また、過去に飲食店などで合計2年以上アルバイトや正社員でいた場合、さらに最短の方法で、通信講座で取得する方法もあります。

通信講座では1日約1時間、自宅で学習をします。口座での標準学習期間は約6か月間で、その期間、自宅で学習、添削を繰り返します。

約6か月後には、各都道府県で行われている調理師試験を受け、合格することで免許を取得することができます。

また、標準学習期間は6か月ですが、6か月を超えてしまっても、1年間は講座を受講することが可能、わからないことがあれば電話やチャットなので質問をすることができるので安心です。

試験の内容は筆記試験で、実技はありません。また、回答がしやすい四択式のマークシートで行われます。

合格ラインとなる正解率は6割で、6割の正解率さえあれば、誰でも合格となります。試験で出題される科目は7科目で、食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論があります。

問題数は、約六十問です。複数の都道府県でかけもちで受験することも可能です。

試験を受けるには各区役所の窓口で願書をもらい、写真、受講料領収済み証明書、卒業証明書、調理業務十字証明書、戸籍謄本など必要な書類と共に簡易書留で郵送します。



調理師になるにはナビゲーション

店舗イメージ

tyourisi調理師免許

北海道・東北

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東

東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城 栃木 群馬

甲信越

山梨 長野 新潟

北陸

石川 福井 富山

東海

愛知 岐阜 三重 静岡

関西

滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

中国

広島 岡山 島根 鳥取 山口

四国

徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄