本文へスキップ

調理師免許を取得できる専門学校と短大。口コミ・評判!

京都にある調理師免許を取得できる専門学校&短大


京都府にある調理師免許を取得できる調理師専門学校と短大の一覧です。


京都府の調理師専門学校

京都調理師専門学校
京都府京都市中京区壬生御所ノ内町35


短大




おすすめ調理師専門学校(卒業生の口コミ・評判)

京都調理師専門学校

学校が楽しくて、遊ぶよりも料理をすることに夢中になっていました。

和食・日本料理の技術を積みあげながら、フレンチやイタリアン、中華、お菓子と幅広く学ぶこともできました。それらは仕事のいろんな場面で役立っています。

先生方は調理技術を教えるだけではなく「プロを育てる」という観点で指導されていたので、人間性の面でも成長できたと思います。勉強以外の生活のことなども気軽に相談させてもらっていました。

そんな先生から、現在働いている料亭でのアルバイトを紹介してもらい、朝昼は学校、夕方からは料亭という日々を卒業まで続けましたね。私の学生時代は、まさに料理づけの日々。

それが、夢の実現につながっていると思います。

京都調理師専門学校・卒業後のキャリアより


おすすめ調理師専門学校(動画)

京都調理専門学校

動画で見る調理実習は学校選びの参考になるよね。

京都調理師専門学校


調理師の雑学

卓袱料理の特徴

板前

卓袱料理は、中国料理や西欧料理が日本的にアレンジされた宴会料理です。

大皿に盛られた料理を円卓を囲んで味わう形です。

中華料理の宴会料理(円卓にのったもの)を想像されるとわかりやすいですよね。江戸時代、長崎で発達したものです。

料理の順番は、まずスープからです。それを、料亭の女将や宴会の主催者が進め宴会が始まります。スープが空になると挨拶があり、乾杯が行われます。

そこから、大皿料理が次々に出されます。皿数は料金によって異なります。 雑学を二つほど。

まず、日本独特と思われている「ちゃぶ台」ですが、これは卓袱台から発展した物です。

日本では、各自の前に膳をおいて食事をしていましたが、明治になり外国文化が入ってくると、卓袱料理の円卓が小さくなり一般家庭でも使用されるようになったのです。

もうひとつは、この卓袱料理は坂本龍馬が長崎にいた頃、良く食べたといいます。幕末を想像して食べてみるのも一興かもしれません。



調理師になるにはナビゲーション

店舗イメージ

tyourisi調理師免許

北海道・東北

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東

東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城 栃木 群馬

甲信越

山梨 長野 新潟

北陸

石川 福井 富山

東海

愛知 岐阜 三重 静岡

関西

滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

中国

広島 岡山 島根 鳥取 山口

四国

徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄